プロフィール
milk
milk
更新は不定期ですが
いつもみてくださって
ありがとうございます♬


アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 25人
QRコード
QRCODE

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


2008年07月13日

北町 麹・行灯ミニ資料館(津浦家)

麹屋の大きい看板が目立ちます
醸造には欠かせない麹のお店です
1811開業、主屋は明治の建築です



店内の様子
外の暑さにくらべて
ひんやりした感じです



たくさんの行灯が展示されています
第2回 ゆあさ行灯アート展が今年の4/16~4/20開催されました。湯浅町は平成18年12月に重要伝統的建造物群保存地区となりました(和歌山初)これがきっかけとなった情緒のあるイベントです。

麹屋、津浦家(内傳うちでん商店)
和歌山県湯浅町北町
店の奥には、麹の種類や作り方、製造につかった道具など資料が展示しています。

  ik_48☆サイトマップ☆ik_48 にほんブログ村 旅行ブログへ
                     ぽちっと押してね。。 
同じカテゴリー(おでかけ)の記事画像
5月14日(土)ツーギー谷のお花畑イベント開催
春の手作りイベント情報 (露風土)
高野山クラフトキャンプ2012
有田川鉄道公園
つどいの広場『わかば♪』
九度山のおみやげ『招福庵』
同じカテゴリー(おでかけ)の記事
 5月14日(土)ツーギー谷のお花畑イベント開催 (2016-05-01 09:39)
 春の手作りイベント情報 (露風土) (2016-04-06 23:46)
 高野山クラフトキャンプ2012 (2012-08-05 21:55)
 有田川鉄道公園 (2012-07-01 11:49)
 つどいの広場『わかば♪』 (2012-06-12 22:15)
 九度山のおみやげ『招福庵』 (2012-05-04 22:17)

この記事へのコメント
江戸時代の商家の造り方の典型的なパターンなのでしょうか? 私の知り合いで、元醸造家も、こんな感じでしたぇ
麹の元を「もやし」といって、それを入れて、お味噌作るんです
そりゃ〜美味しおした もやしも、近所の人に分けて、売ってあげてました 確か、海南の日方、「ハシホン」ゆう銘柄やったと思います〜

たまり醤油が、美味しゅうて、たまりまへなんだヽ(^^)タマリ^^

海南で、覚えてる人、いるやろか〜?
Posted by 梓ママ at 2008年07月13日 08:19
梓ママさん
もやしってもしや・・・
いっぱんには
手に入り
にくいんでしょうね。

たまりまへんでしたか
なんでダジャレ?

ハシホンって銘柄
ご存知の方
いらっしゃいませんかぁー!
Posted by milkmilk at 2008年07月13日 10:13
グリーンベルズからハンドルネーム変更しました

よろしくお願いします

お味噌はうちも数年前まで作っていました

とても手間がかかりましたが 自然な味ですので美味しかったです(*^_^*)
Posted by グリーン at 2008年07月13日 12:57
とても趣のある『もやし屋』さんですね。

日本の麹カビ、特にばら麹を使った発酵文化は、世界的にも特異なので、この後何代も続いていってほしいです。
Posted by N at 2008年07月14日 02:11
グリーンさん
自家製味噌ですか!
いいですね、
うちのお味噌の味が
あるのは素敵な事ですね
でも手間がすごくかかるんですね
醤油やお味噌は少しいいものを
使うと、食事はよりおいしくなりますね




Nさん
ありがとう
お詳しいですね
そうですね撒麹はたしかに
日本独特の技術ですね
中国でも餅麹だったような。

このような日本の文化は、
角長さんのように
手作り伝統の技術で
後世まで伝えて
いってほしいなと
わたくしも思います
Posted by milkmilk at 2008年07月14日 20:39
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。